生活を支えるお役立ち家具

家具の紹介

私たちの身近にはソファ、テーブル、収納家具、オススメのソファベッドなど、様々な種類の家具が存在します。このページではソファやベッドをはじめ、色々な家具の様々な特徴を紹介していこう。

家族の団欒に必須といえる、ソファ

もともと日本では家族団らんと言えば居間で一つの「卓」を囲んで食事や会話を指していました。しかし、西洋文化が入るようになってからは生活様式も一変し、畳に座っていたものが椅子に座るようになり、その椅子に合わせたテーブルが用意されるのがごく当たり前となりました。

一口にテーブルといっても様々で、食事を目的にしたもの、作業を目的としたものなど用途によって製造方法、耐久性に違いがあり、またそれぞれ特徴的な素材が使われています。

テーブルとチェアーがセットになって売られている今、テーブルにあわせたソファも売られており、これもまた人気を博しているようです。特にソファベッドは一人暮らしの方にもおすすめで、狭いスペースであってもソファとベッド両方の機能が味わえます。

家族が横並びにソファに座っているイメージ、団欒のイメージも強いソファ。あなたも一家に一台どうですか?

一日の疲れを癒す寝具、ベッド

人間は体に溜まった精神的、肉体的な疲れ、ストレスを自ら自浄しようとする動きがあり、脳がこれ以上疲れ、ストレスを許容できないと判断した場合、体が積極的に睡眠を取ろうとして「眠気」が襲ってきます。

人が眠るメカニズムはこの疲れとストレスを取り除きリフレッシュするためであり、人が生きるためには絶対に必要な生理現象です。

だからこそ、寝具であるベッドを選ぶときはストレス、疲れを効率よく解消できるように体型に合わせてベッドを選ぶべきなのです。
なんだか疲れが取れない、よく眠れないという方、あなたが今使っているベッドはあなたに最適なベッドですか?
収納家具がなければ整理整頓できない?
台所など特に道具を多くしまっておきたいと思われる場所では、使いやすくかつ許容量(キャパシティ)の多い収納家具が好まれます。

頻繁に道具を出し入れする都合上、手の届きやすい位置に配置して道具を取りやすいもの、また道具でつっかえて収納棚の開け閉めに支障が出ることがないように、なるべく余裕を持たせた許容量の多い家具を選ぶのがいいでしょう。

台所以外にも、プライベートな部屋や書斎など収納したい物品が多く置かれている部屋ほど、収納機能に優れた家具を選ぶべきです。

広いスペースを使って作業や食事を楽しめるテーブル
日本で言うところのテーブルは、昔なら「卓」でしたが、西洋文化が多く入っている現代では卓はほとんど見られず、多くの家庭でテーブルが用いられています。

家族用、個人用とでテーブルの大きさが違いますし用途によっては素材も違うため、ただテーブルという品名だけで選ぶのはやめておきましょう。

テーブルを選ぶときは、まず最大で何名利用できるものにするか、用途は何か、誰が使うのか、どこに置くのかなど細かい点に注意しましょう。
テーブルはベッドやソファについで大きい家具となるため、搬入経路もチェックしておかなければ、購入後に「搬入できない」「部屋のスペースに会わない」などの問題が発生しやすいのでご注意。

check

大阪のエクステサロン
http://hair-exte.net/